最新ニュース

記事一覧

愛しき!ムール貝[コメ・スタ野田市本店][コメ・スタ三井ガーデンホテル柏の葉]

岩手県大船渡市越喜来湾(オキライ湾)からの直行便!

三陸のムール貝は

コメ・スタ野田市本店 及び
コメ・スタ三井ガーデンホテル柏の葉の2店舗で

ご賞味くださいませ。
ファイル 70-1.jpg

醤香の職人仕様 「月餠」

ファイル 49-1.jpg

●醤香の職人仕様「月餠」
  2種類各1個入り1300円  1個680円(税込価格)

高い技術をもつ広東特級麺点師直伝の伝統に基づいた月餠(げっぺい)です。しっとりとした皮に醤香のオリジナル餡を加えて、丁寧につくりました。
【皮のこだわり】
パイナップル・レモン・れんこん・砂糖を5時間煮込み、それを漉してつくったシロップと良質のピーナッツオイルで粉を練ってつくりました。
餡のこだわり
「もろ味はすの実餡」は、蓮の味でつくった餡に良質のピーナッツオイルと醤油を練り込み、醤油もろ味で煮た大豆を加えました。
「黒ごま餡」は、餡に黒胡麻をたっぷり入れて、焙煎した胡桃を加えました。
【高度な技術】
月餠は、皮を手で薄く伸ばし餡を包むという作業が、一見簡単なようですが実は高い技術を要するお菓子です。包んだ生地を専用の木型に入れて、200℃以上の高温で短時間焼くことで、中はしっとりとした状態に仕上がります。広東麺点師より学んだ久山料理長のなせる業あっての出来上がりです。
【お召し上がり方】
周囲のひだに沿って、ふたひだの大きさに切り、お召し上がり下さいませ。

生産者の皆さんの想いが伝わるようなお料理を提供します。

生産者の皆さんの想いが伝わるようなお料理を提供します。

●器:醤香で使用する器は陶芸作家の玉澤美紀さんのオリジナル作品。
九谷焼の窯元で研鑽を積み女性の感性を絵付けで表現した器は見る人の心を楽しませてくれます。
●米:黒酢農法コシヒカリの関根ファーム(野田市目吹)
●野菜:柏のカリスマ農家ファーム小川 小川幸夫さん
●レタス:フルーツ並の糖度14度以上に挑戦する
     後藤光男さん(茨城県坂東市)  (春・秋)
●鶏肉・卵:岡田鶏肉店(野田市)
●豚肉:山西牧場のSPF豚肉(茨城県沓掛市)
●牛肉(常陸牛 和牛):牛肉卸しの専門店牛善(野田市)
●豆腐:鈴木豆腐店 女将さんの昔ながらの手作り豆腐(野田市)
●ネギ:ふるとねファーム 橋口長和さん(春日部市備後東)
●根芋:全国でも柏の6件の農家でしか栽培されていない根芋
    石井一男さん(柏市)   (11月~5月)
●金ゴマ・梅田ごぼう:
    貴重な金ゴマと幻の梅田ごぼう清水寿郎さん(春日部市)
●えだ豆:市内川間の山畑さん

醤香オリジナルの秘伝の発醸調味料 「おいしい醤(じゃん)」

ファイル 47-1.jpg

●秘伝の発醸調味料「おいしい醤(じゃん)」
  150g 650円  75g 390円(税込価格)

七種類の香味野菜と唐辛子をじっくり炒め、秘伝の調味料で仕上げた辛みのある特製醤。中国料理の真髄でもある醤を醤油の街・野田市の醤油と融合させ丁寧に手造りした、醤香オリジナルの醤です。
冷奴、唐揚げ、餃子、焼売、焼そば、炒飯、炒めものなどの調味料として、さらにサラダなどドレッシングのアクセントに使用しますと本格的なお店の味に変身します。

コメ・スタの『発醸文化』宣言

ファイル 31-1.pdf
ファイル 31-2.jpgファイル 31-3.jpgファイル 31-4.jpgファイル 31-5.jpg

コメ・スタの『発醸文化』宣言と街の活性化おいしさや健康しかり、心や感情の悦びそして生きる力をあらゆる人々に届けていく事をミッションとしております。

コメ・スタ野田市本店が「散歩の達人」2013年5月号に掲載されました。

ファイル 19-1.jpg

4月21日発売「散歩の達人」 2013年5月号(交通新聞社)の

連載記事「さんぽ旅」にて、コメ・スタ野田市本店が紹介されました。
今月は千葉県野田市が紹介されています。

http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/019000000059/order/

スタッフ募集(3店舗で)・・・まずはお電話を

コメ・スタ野田市本店 
       コメ・スタ流山おおたかの森SC店 
          北京名菜醤香
           の3店舗で、 ホールスタッフを募集しています。


ランチタイムは主婦の方々大歓迎!

ディナータイムはフリーター・大学生、大歓迎!

 時給は、800円~1000円 

 1日4時間ぐらい勤務できる方

まずはお電話を  04-7123-0077(代) 渡邊まで
      普段着にて面接(履歴書不要) 

ページ移動